防災訓練(洪水編)

ここのところ、大雨による被災された方の大変な状況のニュースを目にする事が多くなりました。

いつ、このような事があってもおかしくない今の気象状況。

ご利用者の方々に安心して生活をして頂くために、施設では防災訓練を行っています。

 

今回は洪水に関する防災訓練を実施しました。

 

今回の防災訓練は、平成29年の水防法の改正に伴い、御利用者・職員へ講座を設けました。

みなさん、真剣に聞いている様子が伺えました。

ご利用者の方からも「本当に他人事で、済まない時代。自宅であろうが、施設であろうが、被災しても元気でいないといけないね」と、話をされていました。

 

この後、洪水被害による冠水等を想定した施設内での避難訓練を行いました。

3Fまでの避難訓練を実施しましたが、あわてず、騒がずの移動をお願いし、怪我もなく行う事が出来ました。

 

今回の避難は喫緊の避難先として、指定した場所への避難をしましたが、施設での避難も危険との判断があった場合は、産業大学の第2スポーツセンターを避難先としています。

 

今後の施設利用にあたっては、皆様のお力も借り、より施設の防災力を高めていきたいと思います。

 

 

支援相談員 横石 潤一郎