春の色

冬の寒さも過ぎ、暖かな春がやってきました。

さくらの苑は、先日までピンク一色になり、花見を楽しまれる地域の方々をお見かけしています。

 

 

 

 

もちろん、利用者様も施設を囲む満開の桜を見て、花見を楽しまれていました。

 

この桜の色は日本独自の色なんだとか。

 

本当に春を感じる一日となっていました。

数日に分けて、桜を楽しんで頂きました。

 

 

 

 

また、別の日には

近くにある大池の周辺に咲いている菜の花畑をみてきました。

 

色鮮やかな黄色が眼前一面に広がり

爽やかな風が吹き抜ける昼下がり

ウトウトされる利用者の方もいらっしゃいました。

そして、もう一つ。

春は出会いと別れの季節ともいわれます。

昨年度をもって、施設長を務めておりました土川 知香枝 先生が退職され

今年度より北村 宏 先生が施設長に御就任となりました。

 

土川先生より、職員・利用者の方へお言葉を頂きましたので、こちらで御紹介をさせて頂きます。

「ご挨拶の場を頂きまして、誠にありがとうございます。

私は人前でお話しすることがあまり得意ではありませんが、何か良いなと感じたものを留めておくことが好きで、その中でこれは良いなと思ったものを紹介させて頂きます。

私が通院しているところで目に留まった詩です。」

 

『育児』

 

赤ん坊の時は 肌をはなさない

幼児の時は 手をはなさない

子供の時は 目をはなさない

少年の時は 心をはなさない

 

これこそ 育児の極意

これぞ 育児の原点

 

こんな簡単なことを守るだけで

必ず よい子に育つ

(杉本 高弘)

 

「これは『育児』というものですが、『介護』はこの逆を進むように感じました。

 

介護は気持ちを通わす事から始まり、その人に目を向け、手を差し伸べ、最期はその人と寄り添うものであると思います。

「あたたかさ」を感じるものであって欲しいと私は願っています。これは私自身が高齢となってきて、痛感することでもありました。

それを、このさくらの苑で教えて頂きました。本当に素晴らしい経験となりました。

 

7年間という長い間、大変お世話になりました。これからの愛慈会、さくらの苑がますます発展していきますよう、心よりお祈り申し上げます。

本当にありがとうございました。

 

 

今年度より、さくらの苑は新体制となって、稼働していきます。

利用者様・御家族や地域の方々等の為、これからも邁進してまいります。

さくらの苑を今後ともどうぞ、宜しくお願いします。

記事記載:支援相談員 横石 潤一郎