ボトックス注射のご案内

さくらの苑では同法人内のさくらクリニックと連携して、ボトックス注射(ボツリヌス療法)を始めました。

 

ボツリヌス療法とは、ボツリヌス菌が作り出す天然のたんぱく質を有効成分とした注射剤を使う治療法です。

 

緊張している筋肉に注射することで筋肉を動かす神経に働いて、筋の緊張をやわらげる効果があります。

脳卒中の後遺症である痙縮(手足の筋肉のつっぱり)とは?

脳卒中でよくみられる運動(機能)障害の一つに痙縮という症状があります。痙縮とは筋肉が緊張しすぎて、手足が動きにくかったり、勝手に動いてしまう状態のことです。

 

痙縮では、手指が握ったままとなり開こうとしても開きにくい、肘が曲がる、足先が足の裏側のほうに曲がってしまうなどの症状がみられます。

 

痙縮による姿勢異常が長く続くと、筋肉が固まって関節の運動が制限され(これを拘縮(こうしゅく)といいます)、日常生活に支障が生じてしまいます。また、痙縮がリハビリテーションの障害となることもあるので、痙縮に対する治療が必要となります。

痙縮(手足の筋肉のつっぱり)の軽減により期待できること

痙縮の症状チェックシート

ご自身またはご家族様が痙縮がどうかがわからない場合は以下のサイトにチェックシートがありますので、確認してみてください。

治療スケジュールの例

希望される利用者さんならびにご家族の方へ

ボトックス注射をご希望される方は、以下までご連絡ください。

 

0538-33-3800 (月~金 8:30~17:30 担当:福澤)